きぬ旅

多摩地区に住んでいる人なら一度は見かけたと思う”きぬた歯科”の看板… これを網羅すべく自転車で旅する男のブログです。

カテゴリ: ネタや考察、その他

大人になって行動範囲が広がると
漫画やテレビなどで見るロケーションに

「あ、あそこじゃん!」

ということが多くなりますね。


そんな中で、ウシジマくん20巻にて
どうやら背景にミスがあったようなので
こちらで訂正しておきました。


usizimahamekomikansei


usizimahamekomikansei2
なじませバージョン


嘘だと思う方は旅6をご覧ください。

(もちろんこの漫画が出た以降に設置されただけだと思います)

前にも書いたかも知れませんが
私は迂闊に看板情報が入らないように
ネットで検索は極力しないようにしています。
(発見する楽しみがなくなるから)

ですが、嫁は普通に気になることがあったら検索します。

だいぶ前に嫁が、きぬたさんを検索している時に何やら
「きぬたさんが首都高4号線に看板を出す為、デザインを公募している」
との情報、および公募しているサイトを発見しました。
しかも3~4つほどだす予定らしい。

それを聞いたときは、
「うわ~やめて欲しいなあ」
(あくまで多摩地区のきぬたであってほしいから)
と思いつつも、そんなにすぐには実現すまいと、高を括ってました。


…ですが、こないだとある用事で都心に出かけた際、
帰りに首都高を通ると早速ありました。(確か幡ヶ谷辺り、写真は撮っていません。)
見つけた嫁は大興奮。

きぬたさん…仕事早いっす…

当然首都高から見えるものなのでビルの上の看板。
しかも首都高に隣接しているビルの看板なので
自転車で行って撮るというのはかなり難しそうです。
(要は首都高を走っている車からしか見えないような看板)

ルールを無視して車で行って写真を撮るにしても
最低900円+ガソリン代
往復最初から最後まで高速を使うと
2820円+ガソリン代
という訳の分からないことになってしまいます。

当然こんなことはできません。
この旅に経費がかかるのは悔しいので。

とりあえず近場を埋めていって
いよいよとなったら考えるというのが
今のところの方針です。



ついでに別の機会で調布インターに乗る際も
看板を発見しました。
ここも結構最近までよく通っていました。
見つけたときは
「うわ、こんなとこにまで…」
って感じでした。


首都高4号線、調布インターは今まで幾度となく通ってきて
そこら辺では全く見たことが無かったので
完全にきぬたさんのテリトリー外だと思っていました。

どうやらきぬた看板は私の想像を絶するスピードで増殖しているようです。
恐るべし…きぬたの野望…
ついに都心に手を付け始めた…


そして私のノルマがどんどん増えていく…
ありがとう、きぬた歯科。

ただ、ここら辺に住みだした当初はそんなになかったのに
気付けばこんなことになっているのは
なんだか感慨深いものがあります。


ちなみに、首都高看板公募のデザインの条件で
「自分の写真を入れることは必須」とのこと。
…なんかカワイイ。

旅13の途中、あきる野市内にて
「山田うどんこちら→」
みたいな看板を見つけました。

山田うどんというと関東圏でチェーン展開している
うどん、定食のお店。

大体割と大きめの通り沿いにあって
看板がグルグル回っているという印象しかありません。

外観はこんな感じ↓
yamadaromen

まさしく国道沿いとかにありそうなチェーン店といった感じです。
ちょくちょく見かけますが、この外観と
こんな感じの立地しかみたことありません。


なので、そもそも通り沿いに店が無く
看板で誘導しているというのが不思議で
裏に入ってみると…

yamada3

yamada2

yamada1

…こんなんがありました。
路地裏にして民家一体型。
山田うどんの屋号を抜けば、まさしく町の定食屋。
しかしあのかかしのマークは山田うどんそのもの。
ノボリとかあるし、きっとメニューは一緒なのでしょう。

結構ビックリしました。
通り沿いのいかにもチェーン店みたいなのしか
知らなかったので、こういうのを見ると
「ああ、こんな感じからだんだん大きくなってたんだなあ」
と、感慨深くなってしまいました。
(別にここが本当に古いかどうか知りませんが)

そしてそんな店が今も元気に営業しているのが
なんだか微笑ましかったりも。

ただ山田うどんと言えば元々埼玉なので
何でここなんだという疑念はいまだに晴れません。



ちなみにですが数年前、北尾トロという人が
山田うどんが好き過ぎて山田うどんの本を出したことがあります。
タイトルは「愛の山田うどん ---廻ってくれ、俺の頭上で!!」です。
当然この廻ってくれ、は山田うどんのシンボル、回転看板のことです。
(当たり前ですが、写真の店にはありません)
で、その際本人がラジオで言っていた話。

「回転看板は山田うどんの社長がアメリカに行ったときに
見て感動して、どこよりも早く日本で採用した。
すなわち回転看板の元祖」

「店の理念はカロリーのK点越え」

「その本はお店で売っているのだが、注文する際
○○うどんと”山田本”と言うと本当にうどんと本がテーブルに来る」
(今は無いと思いますが…行かないので分かりません)

といった話。
なかなかインパクトがあって面白かったので
いまだに覚えています。


ちなみに分かる人はすぐ分かると思いますが
このラジオはNACK5です。
埼玉のラジオ局ながら聴取率は関東ナンバー1!
こじゃれた外人DJも無く、ゆるい感じの番組内容、やりとり、選曲
そして、私には全く必要のない埼玉の交通情報。
仕事との相性ばっちりです。
配送の仕事をしている時は私もかなりお世話になりました。

ブログの最初の頃に書きましたが
嫁もきぬた集めをしています。(車で)

私自身のきっかけでもあるのですが、
きっかけは嫁と車に乗っている際、きぬた看板を見て
思い付きで言ってしまった私の一言。
「カーナビに登録してけばきぬたマップできるよ」

ギャグで言ったつもりだったんです。
そんなことやるとは思ってなかったから。

ただ何故だか嫁は乗り気。
その時私はある恐ろしい事態に気付きました。
そして何度も忠告して止めました。

「それ、実際やったらカーナビが針のむしろになるからやめて!」…と

…残念ながら一度決まった意志はそうそう崩れません。

押し問答を繰り返しながら徐々に登録していく嫁。


そして現在↓



yomecar


もうカーナビの登録情報は何の価値もありません。

どこに何があるのかさっぱり分かりませんから…


まあ、いいけどね。

旅12にて60kmという距離が出て
まあ割と走ったなあと思いましたが
そもそもこの旅は看板探しがメインなので
スピードがでません。
なので、割と走ったなと思っても
それほど距離は伸びません。


で、何年か前に、たぶんこれが一回で走った最長記録
だろうと思われるサイクリングをしたことを思いだしました。
それは今、旅で使っているネオチャベス号(ママチャリ)で
茨城県の石岡(ばあちゃんの家)に何故か行った旅です。

「行けるのかな~」と思っただけで行ってみたという
単なる思い付き旅です。

当然ルートなんて決めていなくて、
条件としては”都心だけは通らない”
(せっかくのチャリ旅でわざわざ都会を走りたくないから)
といった程度です。

基本的に「何となく北東に行けば着く」
みたいな感じでその都度地図を見ながら
適当に道を選ぶ、といった行き方でした。

ある程度進んでは地図を開いたり
一服したりするので、きぬた探しよりは
早いにしても、まあまったりとした旅です。


せっかくこのブログをきっかけにグーグルマップの使い方を
覚えたので、記憶をたどりながらそのルートをおこしてみました。
所々間違っているかも知れませんが、大体あっています。
また、ざっくりと線を引いたので距離は縮んでいると思いますが
たぶんそんなに変わらないと思います。



ルートの距離が130km。
なんかもっと走った気がしたのですが、
実際はこんなものなのかな~って感じでした。

確か12:00に出て、着いたのが25:00ちょうど。
時間にして13時間。
単純に平均時速10kmということになります。

これも「なんか思ったより遅いな」と
思ったのですが、あれだけ調べながら行って
さらに飯2回(晩飯は飲み屋で一献)
を考えるとまあこんなもんかなとも思います。

それより線を引いてみて感動したのは
その直線具合!!
適当に選んだ割には、ほぼ一直線で目的地に
向かっています。
これはこうやって地図に書き込んでみないとなかなか分かりません。

またこうやって道程を振り返ると、なんか
「すげえな、俺」
って思えたりします。
オススメです!


…といったチャリ旅の思い出でした。


最後に……
実に有意義な旅でしたが
10時間以上走るのは素人にはオススメできません。
10時間以降はガチで腰に限界がきます。
次の日は完全に死に体です。
せっかくばあちゃん家に着いたのに…

↑このページのトップヘ