きぬ旅

多摩地区に住んでいる人なら一度は見かけたと思う”きぬた歯科”の看板… これを網羅すべく自転車で旅する男のブログです。

カテゴリ:

ウルトラお久しぶりです。


いろいろと…特にはなかったのですが、休止しておりました。


再開します。



とりあえず今回は、既に走破した道の中で
休止しているあいだに発見した新設看板を二つほど…


一つ目はこれ↓
101
101きぬた

野猿街道と多摩ニュータウン通りが最も近づく交差点の
野猿街道側「大栗川橋北」交差点。

ここは旅7で通った際…というか旅を始める前から
「何でこんなおいしいところに設置しないんだろう」
と思っていた場所。
去年の暮れから今年に入って設置されたと思われるが
だいぶ前から空き看板(右下)はあったはずなのでちょっと不思議。

あと、何故かレア物の青看板。(他には16号に一つしかない)
さらに新設では珍しい歯むき出しオンリー看板。

この新設看板だからといってデザインもすべて
最新ではないというところもきぬた看板の謎のひとつ。



そんでもう一つ↓
102
102きぬた

こいつはうちの割と近所。
高尾近くの城山大橋T字路。
ほんとにごく最近設置された模様。

八王子に住み始めて10年くらい、月に10回は通るところ。
旅でも何度か通っている。

ただ、ここに関しては嫁と意見が分かれていて、
嫁いわく、かなり昔には、ここにきぬた看板はあって
あるとき無くなったとのこと。
私の記憶ではここできぬた看板を見た記憶はないのだが…

ちなみにストリートビューでは2011年までしか画像がなく
その時点では存在しなかった。


…どなたか真相を知っている方、ご一報ください。
正直、私の記憶も全然自信がありません。
きぬた看板って「あったはずだよ」って言われると
あったような気がしてくるんです。



あともう一つこの看板について気になること。
それはこの看板のすぐ近くにある須藤石材の看板↓

DSCF1598

DSCF1600

…ものすごくレイアウトと配色が似ている気がしてならないのだが…

下が薄水色なとこまで一緒。これは偶然か!?



だいぶ前に上記の須藤石材について
「きぬたさんは須藤石材をライバル視してるのではないか!?」
みたいな記事を書こうとしたことがありました。
…というのは、この須藤石材、きぬたほどの数はないものの
かなり昔から首都高看板を掲げていて↓
須藤

きぬたさんはこれを見て
「俺も地元企業として都会に看板出してやる!」
みたいなことを考えていたのではないか、というストーリーを
自分では思い描いていたのですが、
よくよく調べてみるとこの須藤石材、本社が池袋で
高尾以外にも関東一円に墓地のある大企業でした。
高尾近辺に看板があるのは、管理している霊園があるからだけなんです。


ただ、このことは私自身、記事にしようと思ったから知っただけで
それまでは本当に地元の石材屋さんだと思っていました。
そして「高尾にある石材屋なのに首都高に看板だすなんてすごいな~」
って去年まで思っていました。


…きぬたさんが同じように地元企業と勘違いしていた可能性はゼロではありません…
そしてどこかで対抗意識を燃やしてたかも…
だって…似てるんですものっ!

本人に聞かなきゃ分かりませんが…


う~ん…


収穫2(合計102)

今回は以前車で走った時に
見つけてしまった3つと
「埼玉にもあった」という嫁情報を
目標にして北を目指します。
予定通り見つかれば100個いくはず。

嫁が立川で用事があるため
送りついでに立川から11:30スタート。
19:30集合予定。


青梅線沿いの道をひたすら西進。
この道は以前埋めたとこだが、立川出発なので
やむをえない。

途中、中神駅付近にてアンタイヌードルズという
前々から行きたかったラーメン屋を発見。
しかも12時前ということもあり店もガラガラ。
…しかし、朝飯が遅かった為か、まだ腹が減っていない。
だが、このチャンスを逃せば…
などさんざん葛藤したが、結果断念。
後ろ髪をひかれながら先へ進む。
そしてこれが後に後悔を生む。


中神駅を過ぎたあたり、「朝日町交差点」を右折、
ここからようやく未開の道162号線に入る。
予定ではこの162号線だけ走るつもりだったが
途中のつつじが丘団地三差路の左の道も
怪しかったため、そちらを先に潰す、
しかし無し。
再び戻って引き続き162号線を北上。
残念ながら無く、天王橋へ合流。

さらに北上、西武拝島線を越えて
再び162号線へ。
しばらく無く、結局予定の看板に到着。
新残堀橋交差点にて↓
97
97きぬた

この道は多分ないだろうと踏んでただけに
車で見つけた時はショックだったなあ…


そのまま北上、新青梅街道も通過して
旧青梅街道にぶつかり左折。
ひたすら旧青梅街道を西進。


しばらく走ったとこでとあるつけ麺屋を発見。
なにやらラーメンウォーカー2016掲載とのこと。
外観はなんだか雰囲気がある。
時間も13:30。
以前に選びすぎて選択の余地なしに陥った
こともあるため、今回はこの店に決定。

入ってみると…
内装は何だか中途半端な感じ。
吊り下げの照明とか増やせばかなりいい感じに
なりそうなのだが、そのひと手間が無い。
…さらにスープ割り用のスープがポットに入って
カウンターに置かれている。
これは個人的には結構なマイナス。

味はというと……
まあ、店の感じと同じで”THE及第点”って感じでした。
アンタイヌードルズにしとけば…と思ったのは言うまでもありません。
…この旅の飯はほとんどいい思い出がないなあ…

ちなみにスープ割りのことで思い出しましたが
近所の店で、もうここには二度と行くまいと
思わせた店があります。
その店もつけ麺がメインの店ですが、
なんとあらかじめ作っておいたつけ汁を、ポットから注いで
そのまま客に提供するという、かなり斬新なシステム。
これが予想以上に心を冷めさせる。
もちろんつけ汁もぬるい。
店員に言って温めなおしてもらおうとすると
あからさまにめんどくさそうな顔で温めなおす、
といった感じでした。

このお店、なんだか弟子たちが系列店を
2~3店やっているみたいなのですが、
(外観やメニューがほぼ一緒)
このトラウマのせいで弟子の店も
全く入る気が起きません。


…脱線しました…気を取り直して出発。
そのまま旧青梅街道を埋めて
16号箱根ヶ崎西交差点に到着、
右折して北上。
少し走ったところ、西平交差点にて予定の一枚↓
98
98きぬた

そりゃあ天下の16号ですからね。ありますよ。
むしろ横田基地のでかい看板(53きぬた)から距離空きすぎじゃない?
と思っていたくらいです。
ただ、よく考えるとこの場所は基地の最北端からすぐのところ。
いや~横田基地ってでかいんだなあと改めて感じました。


さらに北上。
ここでTHE MALLみずほというでかい
ショッピングモールがあることを思い出し寄り道。
100均で湯船の湯垢とりのネットが欲しかったから。
(湯船に浮かんでいるカスをとるやつ)
…だが売ってない…
風呂用品コーナーを何度も見たがやはり売ってない。
「もしかして最近の人は使わなくなったのか!?」
などと思うが、まあたまたまだろうということにして
この場はあきらめる。

さらに北上。
ついに埼玉県突入、二本木交差点をこえて少し走ったとこに↓
99
99きぬた

あります。予定の一枚。
何気に埼玉第一号!にして99枚目。(嫁情報のやつではありません)
100まであと一つ!!
だがこの先は全く未知の世界。
今日無かったら結構へこむだろうな。


さらに進み、アウトレットも過ぎて
国道463号線との交差点「小谷田」に到着。
ここらで帰りも視野に入れ計画を練る。
…結果、アウトレットの辺りは交通量も多いので
そこら辺を埋めて、少しだけ所沢方面も埋めながら
帰るということに。

ということで小谷田交差点を右折、東進。
上藤沢北を右折して道を潰すもここは残念ながら無し。
アウトレットの裏側に着く道で、割と車も
多いから結構期待してたのだが…

再び16号に戻り南下。
今度は宮寺交差点を左折して再び463号を目指す。
トラックだらけの16号とうって変わってのどかな景色の道。

…ここでついにその時を迎える…↓

100
100きぬた

……ありました………

…ようやく……

100きぬた!!!

いきました!!!


記念すべき100きぬたはやはり信頼と実績の
黄色、歯むき出し看板!!
やはりきぬた看板はこれです!!!
きぬたさん、空気読んでるな~
しかしまさか記念すべき100きぬたを埼玉で
迎えることになろうとは、旅を始めたころは
全く予想できませんでした。


…余韻に浸りつつ463号を東進して
西狭山ヶ丘1丁目交差点を左折して
再び16号へ向かう。
ここはまあ無いだろうと思っていたがやはり無し。

16号を南下し、今度は狭山平の三差路を
左方向166号線に行き、少しでも道を埋めつつ
新青梅街道へ合流。
ひたすら東進して三ツ木の交差点を左折。
再び旧青梅街道に行き、
ここから道を埋めつつ55号線で立川方面へ向かう。


…で、この旧青梅街道にてダイソー発見。
さすがにここはあるだろうと意気揚々と風呂グッズ売り場へ。

……だが無い…

違う売り場にあるかも知れないから店員に聞けばいいのだが

「湯船に浮かんでる湯垢をすくうネットありますか?」

って聞くのが何だかできずに泣く泣く断念。
最近みんな使わないのかなあ?
湯垢すくいの現状を知っている方、教えてください…
ネットで調べるとあるみたいなんですが…
あ、後日ホームセンターに行ってもありませんでした…


はい、頑張って帰ります。
もう辺りは真っ暗。
見落とす危険性が高いので慎重に55号線を南下。
ここは結構期待していたものの残念ながら無く
五日市街道に到着。
あとはひたすらゴールに向かって走る。

…無事駐車場に到着。
時間は19:30、待ち合わせ時間ぴったり!!
チャリ旅を重ねることで、地図を見ると
何となくこれぐらいで着くってのが身についてきましたが
これだけの距離を走ってこうもピッタリいくとなかなか爽快です。
夜の捜索は時間が掛かるのも計算に入れてのピッタリですから。

って感じで嫁と合流して終了。
…ええ、もちろん祝杯をあげました。


このブログを始めて1年とちょっと。
ようやく当初の目標である100に到達しました!!
飽きずに覗いて下さった方々、ありがとうございました!!
もちろん祝って下さっても構いませんよ!!

…で、当然ですが今後も続けます。
引き続き覗いていただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いします。


…にしても今回50km越えで4つは
少なかったなあ……


本日のルート
旅25ルート

収穫4(合計100!!!)

はい!いろいろありましたが、改めて旅を再開します!

…ですが、今回のは一か月以上前に行ったやつです。
もちろん例の件で更新が遅くなりました!
すんません!!


で、今回は拝島の辺りから旧奥多摩街道を潰す
ことをメインに、後はノリでって感じ。
正直、一個も期待していませんでした。
確か無かったから。
完全に道潰し旅のつもりで、拝島近くの島忠ホームズ(ホームセンター)の
駐車場を目指しチャリを載せて出発。

無事、島忠ホームズに到着。
…しかし、ここで大問題が発生する。
ここは駐車場が立体駐車場が基本の店で
チャリをおろして出発となるとかなり目立つのだ。
要は駐車場3Fに車を止めて、そこでチャリをおろし
車専用のスロープをチャリで降りていくしかない
構造になっていたのだ。
これでは店に車をとめてどっかに行くのが見え見えだ。
たぶん監視カメラもついてるし。

もちろんとめる以上、ここで買い物はするつもりだが、
「後で買い物するから1日中停めさせてくれ」
ってのを容認するのは、店側はしづらいと思う。
(現実的には停められるが…)
それが公認になると10円くらいのものを買って
後は止め放題になってしまうからだ。

なので私は今まで、でかい平面駐車場で目立たず出発できる
ところを選んで旅をしてきた。
(もちろん後で買い物してますよ)

しかし、今回の旅はここら辺に止めないとロスが大きい。
…しかし、ここの駐車場からチャリで行くのは
旅の精神衛生上よろしくない、ということで
地図を頼りに近隣でとめられそうなとこを探す。

…だが無い。

だいぶウロチョロしたとこで、あることに気付く。

「チャリを店の手前で降ろして後で取りに行けばいいんじゃねえか?」
…気付くのに30~40分かかりました…


というわけで島忠ホームズ駐車場から元気よくスタート!
だいぶ予定より遅れて14:20!

16号拝島町交差点からひたすら奥多摩街道を東進する。
思った通り全然ない。
しかし、玉川小学校の辺りで…↓

94
94きぬた

…ありました…
んん?何回か通ってんだけどなあ…
とりあえずありがたい誤算だ。

そんでちょっと先に進んだとこで見かけたもの↓
神棚

………こーゆーとこに刺す奴でしたっけ?これ…


気を取り直してさらに進む。
郷地町の三差路の辺りから、この近隣(立川の南側)で
潰していない道をひたすら潰すも、やはり無し。

再び奥多摩街道を東進。
結局、無いまま旧奥多摩街道終点まで到着。
引き返す。

ただ終点近くで面白いものを発見しました。
それはまた別記します。


…ということで奥多摩街道は無事終了。
少し戻ったところから今度は多摩モノレール沿いを
潰すべく立川柴崎町四丁目交差点を左折。
多摩川を越え、ひたすら南下する。

あんまり通ったことが無いので多少期待していたものの
残念ながら無し。
ここでものすごくどうでもいい情報。
この道の途中、浅川という川を越えるのだが、そこを
川沿いに左に入ったとこにある日野高校、
アンジャッシュの母校です。
結構頭いいとこです。


ってな感じで高幡不動に到着。
ここはちょっと先の「高幡」交差点に
一個あるので、まず無いだろうなと思いつつ
割と大きな駅なので、一応駅前を確認しに行く。
…ここで一発喰らう…駅前ロータリーにて↓
95
95きぬた

あるんだね~
すぐそこの交差点にもあるのにね~

「高幡」交差点にあるやつが車族用で
こいつは電車族用ってことですな。
確かに人多いし、ちょっとしたターミナル駅だしね。
まあ、とにかく確認しに行って良かった。
絶対無いと信じ切ってたからね。
これからはもっと駅にも注意していかなきゃいかんなあ…


ってなとこでだいぶ夕方になってきた為
そろそろ帰ることを考えて高幡交差点を右折
高幡橋南T字路を右折して、埋めてない川崎街道を
潰しつつ戻る。
残念ながら甲州街道(都道256)まで無し。

甲州街道を西進し、日野駅に到着。
日野駅北交差点を右折し、一個目の信号を左折。
少しでも可能性のある道を潰しつつ、車を目指す。

まあさすがにもう無いなと思いつつ
都道169号線との合流点、「栄町五丁目」にて…↓
96
96きぬた

あるんだなあ。
ここも何回か車で通っているが、いつも日野→八王子方向。
この位置だと車では見落としやすいかも知れません。
ま、単なる新設看板かも知れませんが。


って感じでもう無いと思ったとこで一発喰らい
いつもの貧乏性が発動。
帰るなら左折だが、もしかしたら、の思いでここを右折。
都道169号線をひたすら多摩モノレールとの
合流地点まで東進する。
思ってたより長い。
…もちろん無い。

すでに辺りは真っ暗。
結局無く、同じ道を引き返す。

ひたすら西進して左折すれば小宮駅という交差点に到着。
まっすぐ帰るなら直進だが、高幡不動のこともあり
ここでも貧乏性が発動。
…はい、もちろんありませんでした。
今回は距離は大したことはないが
思っていた以上に高低差が…
しかも帰りが上り…


何とか戻り、さらにちょっと道を埋めて
16号に合流、無事ゴール。
到着タイム18:50。
もうちょっとさらっと終わらせるつもりだったが
結局4時間30分の40km越え。
まあ今回は道潰し要素が多く、途中で
結構ウロチョロしたからしょうがないですかね。
ですが、どんなに疲れてても、どんなに夜更けでも
発動してしまうこの貧乏性はちょっと恐ろしいです。

ただまあ今回の3つは、もう無いかもって思い始めたとこで
発見という感じのばっかで、数は多くないものの
こちらのやる気を削がない素晴らしい配置でした。
配置ベストバランス賞をあげてもいいかもしれません。
特に最後の奴はかなり嬉しかったですね。
(おかげで貧乏性発動しましたが…)


本日のルート
旅24ルート


収穫3(合計96)

久々の更新。
覗いてくださっている方々、申し訳ない。
ま~最近は旅先が遠方になってきてなかなか…ね


というわけで今回は遠い旅先の中でも最大のネック
「首都高看板」
を抑えに行きます。
これの何が私の尻を重くさせているのかというと
・駐車場は有料確定
 =ここら辺で停められるユルいショッピングモールは絶対ない
・ただただ遠い
 =始めた頃は多摩地区で済むと思ってたんだがなあ…
・真上に首都高があるため視認がかなり厳しい
 =何しろ首都高の車が目当てですからね、下からは厳しそうですよ

…この中でも3つ目は特に私を苦しめることになる…


まあこんな理由もあって今回は事前に
嫁がカーナビに登録していた箇所を地図に
メモして出発することに。
合計3つあるのだがカーナビ登録を見る限り
何か看板の間隔が近いな、と違和感を感じつつ出発。


以前の旅の最東地点、調布駅近くにて
コインパーキングを探す。
幸い1日900円と、思ったよりは安価な駐車場があったので
そこへ駐車していよいよ15:20出発。
でもやっぱ旅に金かけるのは嫌だね~

ちなみに今回は3枚の首都高看板以外は
絶対にないはずの上、出発時間が遅いこともあり
甲州街道を行って戻るという超シンプルルートの予定。


ひたすら甲州街道を東へ走る。
4~5km走ったが、やはり予想通り無し。

そのまま1個目の場所へ到着、
首都高と甲州街道の合流点、上北沢駅付近にて↓

91
91きぬた


予定通りゲット。
…ですが見ての通り真ん中に首都高が鎮座していて
反対のビルは一切分からず、写真も撮りづらく
この先が思いやられます。

ちなみに反対側からとった写真がこちら↓

BlogPaint


ええ、全く見えません。歩道橋から撮ってるんですが…
なのでここから先は常に、

見づらい

こんな感じで反対側のビルは見えないし、
自分側のビルも真横にあるので屋上看板は
油断すると見落としやすく、かなりの注意が必要になってきます。
特に裏側を確認するのがつらい。
実際、要所要所で歩道橋に上って確認するなど
普段の旅ではあり得ない神経の使い方をしました。


さらに先へ。
事前のリサーチではそろそろ2個目があるはずなのにな~
と思いながら走っていると何故か3個目のはずの
永福インターに着いてしまった↓

92-2
92きぬた


「おかしいな、反対車線にも注意しながら進んでたのにな、
見落としたかな」
と思いながら改めて地図にメモした地点を確認して戻ってみる。



……が、無い!!


嫁のカーナビ登録地点がガセだったことが発覚!
出発前に感じた違和感はこれでした!!


こーなるとやばい。
まずここから先にあるのか、1つ目より手前の
甲州街道から外れた高速沿いにあるのか分からない。

…でテンパった俺はさらにミスを犯す。
淡い記憶では、高井戸、幡ヶ谷、永福の辺りにあったはず
というところから推理したのだが
テンパり&東京が久々なのも手伝って
幡ヶ谷と永福の位置関係を間違ってしまい
こんな感じの間違いを脳内で犯す

syutokou2

冷静に地図を見ればなんてことは無かったのだが
日暮れが迫っている焦りもあり、テンパったままとにかく西へ。

当然なく首都高沿いの環八に到着。
先を見てもどーもありそうにない。
困り果てて嫁に電話するも繋がらない。
…とりあえず一服…

ここいらでようやく気付く。
「幡ヶ谷ってあんなとこにあったっけ?」…と。


ここで位置関係を大間違いしたことには気づき
とりあえず引き返す。
何故とりあえずかというと、そもそも幡ヶ谷にある
確証もないからだ。


「あの環八の先にあったらどうしよう」
という不安を抱えながらひたすら走る。
私はガラケー(notパケ放題)なのでネットで調べることもできない。
スマホ担当の嫁にも相変わらず連絡がつかない。

そのまま笹塚も通り過ぎて幡ヶ谷インターへ到着。
しかし見当たらない。
…ここでようやく嫁と連絡がとれた。
事情を説明して調べてもらうと、どうやら反対車線に
ありそうとのこと。

で、反対車線へ行って少々戻ったとこにて↓

93
93きぬた

ようやく撮れました。
予定よりかなり遅れてすっかり夜。

ちなみにこの写真はエントランスの無い
侵入可能の昔ながらのマンションの最上階から撮った一枚。
このポイントはここ以外撮影ポイントがありませんでした。
本当は他の2箇所もそーいったマンションからじゃないと
撮れないのではないのかと危惧していましたが
幸い他の2つは地上から撮れました。

ただ今回久々に都会に行って思ったけど
もうかなりの数のマンションは入口にオートロックが
ついてるやつばっかなのね。
10年くらい前に都心に撮影取材に行ったときは
いっぱい入れるマンションがあって良かったんだがなあ。
まあ時代を考えれば当たり前のことなんだろうけど…
風景写真を撮る人なんかは結構嘆いてるんじゃないかなあと思う。
(本気の奴は宅配便にまぎれて入るとかしてんだろうな…)


そんな感じでようやくノルマ達成!!
クソ腹が減ったので近くにあった濃厚ミソラーメン屋へ。
確かに濃厚だが何か色々やりすぎてて返って印象薄し。


ひたすら車へ向かって走る。
…ただ帰るだけの10kmは長い。

ようやく駐車場へ到着。
時刻は19:50。
もっと早く終わるはずだったのに4:30かかってしまった。

まあガセネタがあったり、凡ミスがあったり
視界不良だったり、色々あったからしゃーねーか。
…都会は怖いぜ!!

ちなみに嫁のカーナビのガセネタはちょっと手元が狂って
登録してしまったやつがそのまま残ってただけとのこと。
…安易に情報を鵜呑みにしたら危ないぜ!!



本日のルート
旅23ルート

収穫3(合計93)

今回はノルマの一個以外は全く期待できない旅。
こいつはまたまた嫁と車で走っていた際に偶然見つけてしまった奴。
しかも往復でガチの峠越え必須。

しかし一個あると分かっている以上、行かざるを得ない。


…というわけで武蔵五日市駅横の駐車場に車を止める。
その駐車場からの景色がこちら↓

武蔵五日市


この山の中にぶっこんで行きます。
…先が思いやられるぜ…


ってわけで旅スタート、ひたすら秋川街道を北上。
かやくぼ交差点にていきなりノルマの一枚↓

90
90きぬた

…そーなんです。
今回はいきなりノルマが終わって、そのあとは見込みなし旅なんです。
ルート的に無いと分かってても行かざるを得ないんです。
何しろ確か無かったはずの道ばかり行く予定ですから。
しかしこいつだけ撮って終わりってわけにはいかない。
だがそーなると峠越えしかないって感じです。


というわけでそのまま直進、「坂本」T字路にて
直進するか左折するかしばし迷う。
まあどっちに行っても青梅だし
どっちに行っても間違いなく無いし
どうせ行き帰りで両方通るし
迷う必要はないのだが…
ただどっちから行ったらモチベーションが上がるか
ってだけの悩み。

結局一度も通ったことのない左折ルートを選択。
ただ一度も通ったことが無い道とはいえ
さすがにこの道には無いという自信がある。
だってどう考えてもただの山道なんですもの。

というわけで都道251号線へ。
途中当たり前のようにこんな屋敷が↓
檜皮葺き

えっと…檜皮葺きだっけ?
結構レアものだと思います。
違ってたらごめんなさい。


さらに進む。
予定通りガチ山道に突入↓
旅22道中


写真じゃなかなか伝わらないけど
結構きついんですよ、これ。
この手の道ってつい曲がった先に峠があると
淡い期待をしてしまうんです。
んで、そんなことは全くなく新たな坂道が姿を現すという繰り返し。
登山あるあるです。(ワンゲル部出身)

…ただこの険しい道中、一輪の花を発見↓
お宝


ええ、ガードレールを超えてブツを確認しにいきました。
分かっていましたが中身は全部から。
中身は即座にコンパクトなケースに移し替えられたものと思われます。

しかし時代がいくら進んでも、こういったとこに
こういったものを捨てるという文化は無くならないのですね。
懐かしいなあ、竹林に捨てられていたパリパリのあのデラ〇ッピン…

ノスタルジックついでにちょっと思うことを一つ。
なんで昔好きだったAV女優の話になるとみんな自然に(私も含め)
「お世話になったな~」
…という言い方をするのか。
みんな誰からもそんな慣習は教わっていない。

答えは簡単です。
若き頃本当にお世話になったからです。
年を喰った今、あの頃体を張って
我々の青春時代を支えてくれた女優さんに対して
自然と「ありがとう」と思ってしまうのです。

いや、これいい話書いてんですよ。たぶん。



…はい、次行きます。
ようやく峠を越え青梅市に突入。
吉野街道との合流点「梅ケ谷峠入口」T字路へ到着。

ここで奥多摩方面まで攻めちゃうかと欲がでましたが
ここで確か13:00くらい。
ちょっと予定より遅いし、想像以上の峠でやられている。

悩んだ結果、以前までの旅で埋めた「友田交差点」まで
行って、そこから青梅市内を潰すことにしました。
冒頭にも書きましたが、所詮どこに向かっても
厳しいのは変わらないので、悩むまでもないのですが。


んなわけでT字路を右折、ひたすら吉野街道を東進。
案の定なく、友田交差点につき左折。
一路、青梅市内へ。

このようなルートにしたのは訳があります。
それは旅14で見つけた64きぬたです。
64

こいつが自分の中でかなり想定外で
ちょっとここら辺の「どこにあるか分からん」という
疑心暗鬼を生み出していまして
それを晴らすべくそこら辺をネチネチと埋めないと
気が済まん!…とこーいった理由です。


と言ったわけで青梅新町交差点からグチャグチャと街中を探索。
ここで相当時間を使いました。

……もちろんありませんでした。

んで再び青梅新町交差点へ。
もうかなりの夕暮れ。
ここで最後の望みをかけて少し北にある豊岡街道を
目指して北上し、藤橋久保T字路へ到着。

地図上、ここからちょっと東に行った「今井馬場崎」と
いう交差点がまだ埋めていない主要道路とのポイント
だったのでそこまでは埋めるべく右折。
んで、いざその交差点に着いたとき心がへし折れる。

「ここ、何回か通ってるとこですやん…」

…っていうのはこの交差点、今年知った
「担々麺杉山」という、夫婦でどはまりしている店から
入間アウトレットに抜ける道の途中にあって
今年だけで2~3回通った記憶がガッツリあるんです。

…で、何でこの交差点ですぐ気づいたかというと
この先の道が…

THE 狭山茶畑!!

って感じだからです。皆様一度通って見て下さい。
間違いなく一度見たら忘れられない風景になるはずです。
んでその入口の交差点もセットで覚えていたと…


ちなみにうちの嫁、茶畑にある扇風機の意味を全く知りませんでした。
私は静岡県に住んでいたこともあって常識と思っていたのですが
あれは茶葉を霜から守るためです。
冬場、茶葉に霜が降りると凍結して新芽が死んでしまうからですね。



はい、また脱線してしまいました。
…上記の通り淡い期待を抱いていた道も
全く無いことが確定した上に、その後通る道も
一度車で走ったことがあるのでこの段階で完全に消化試合。
しかしゴールは遠い。

ひたすら豊岡街道を西進
秋川街道へぶつかり、分かっていた最後の山越えへ。
すでに暗闇。


ここからが

「史上最強の地獄!!」

でした。


この青梅からあきる野に向かう秋川街道、
昼間もわりと交通量があるので自転車は危ないのですが
退社時刻はしゃれにならない!

・信号がほぼないので退社時刻でも渋滞が無く
 ビュンビュン飛ばしてくる(とにかく車が多い!)
・山道なので道がうねっていて操作ミスでいつ突っ込ん
 でくるか分からない
・ダンプ系多し
・歩道無し(ってか歩行者に対する配慮は一切見受けられない)
・とにかく距離が長い!
・暗いし、寒いし、疲れて朦朧としてるし…


…ホントに死を覚悟しました。

結局この道で慎重にいったこともあり、一時間近くかかりました。
が、一人も徒歩や自転車の人と会いませんでした…(退社時刻なのに)
そりゃあそうでしょう。
死ぬリスクが高すぎます。



って感じでようやく武蔵五日市に到着。
元々ノルマの奴以外無いだろうと思っていましたが
どこかで淡い期待を抱いておりました。

…が、今は徒労に終わったことより
無事に帰れたことが喜びです。

でもまあようやく90代突入です。
夢の100個が近づいてきました。

ちなみに上記した「担々麺杉山」という店
ビックリするぐらい旨いんで興味のある方は是非行って見て下さい。


本日のルート
旅22ルート

収穫1(合計90)

↑このページのトップヘ