きぬ旅

多摩地区に住んでいる人なら一度は見かけたと思う”きぬた歯科”の看板… これを網羅すべく自転車で旅する男のブログです。

カテゴリ: おじゃマップ

いや~びっくりしました。
昨日、何気なくテレビを見てたら
おじゃマップ(ざきやまと香取慎吾が何か歩いてる番組)で、
何と、きぬた看板の特集がやってる!

「いや~すげえな、きぬたさん」

と思いながら見ていると、
何か所々で出てくる看板の写真に妙な違和感を覚える。
というより既視感。


「………てか、俺が撮った写真じゃん!!」


慌ててテレビで出た写真と自分の写真をPCにて比較する。

…結果…


全部このブログからの無断使用でした。
かなり長くなりますがここから画像も踏まえて掲載させていただきます。
DSCF1288

こんな感じで始まり…
DSCF1289

いきなり下に出てきた奴、16きぬたです。

このテレビが使った元の写真は記事の最後に
全部画像を貼るので比較して見て下さい。


んで次には
DSCF1290

…61きぬたです…
…県外ぢゃねえ………
その看板は東京都あきる野市だ……
いきなりガセながすんじゃねえ……


その後一瞬流れた動画の映像
DSCF1296
こいつは間違いなく制作の人が撮ってます。
んで…

DSCF1299

こんな感じで進み…(ヒロミの右がきぬたさん)



次に流れた多数の看板が……
DSCF1300

はい!
左上から横に見ていくと43、4、23、7、20、71きぬたです!!


続いて流れた映像
DSCF1302

81、1、27、61、16、13きぬたです!!!!
もちろん27きぬたの14:31を見た瞬間に違和感から
だいぶ確証になりました。
あと13きぬたのピンボケ具合ね。


んで…
DSCF1304

…こんな感じで本題を突き止めるため
きぬたさんの事務所にてトークシーンへ。


んでその会話の中…
DSCF1305

8、27、92、91きぬたです……
…まず第一に8きぬたは八王子駅前ぢゃなくて御殿山だ………
山の中腹だよ…
無断使用するにしてもせめてちゃんとした情報を流してくれ…
テレビなんだから………

んで92と91。
これにはビックリ!!
つい3日前に公開したばかりの奴ですよ!
(記事の日付は2月12日になっていますが、実際にUPしたのは14日です)

んでこんな感じで会話は進み…
DSCF1307

DSCF1308

DSCF1310

DSCF1311

DSCF1312

まあ知りたかったとこを話しつつ、とどめに92きぬた再登場。

その後きぬた家に行ったりして終わるのですが…


全く頭に入ってこなかったです!!


何しろ動揺してて…

冷静になるのにかなり時間がかかりました…
何かしばらく手も震えていました…


…どなたか詳しい方、教えてください…
こういうのって事前に連絡したりしないものでしょうか?

怒っているというより何か気持ち悪いのです。

確かに私の記事には
「無断転載禁止」
等の文言は記載していません。

しかし常識として連絡くらいしてくるものと思っていました。

特にこれは大手のテレビです。
一個人が私的なブログに転載したとかではありません。
さらに言うと商用目的の映像でもあります。

よく「テレビの違法アップロードは犯罪です」
みたいな警告が流れてますよね。
そんなことを考えるとますます違和感が沸いてくるのです。


さらに気持ち悪かったところは
「番組が調べたところによると…」
というナレーション。

…確かにインターネットで調べてはいる…
でも実際に汗を流して写真を収集したのは自分だ…
1年以上かけてコツコツとチャリ旅で集めた写真。
実際この画像を使うことで取材費はだいぶ抑えられたのではないか。
使わなければ自分たちで撮りにいかなきゃいけなかった訳だし。
ってなると「俺、制作に協力してないか?」
みたいな気持ち悪さが…

ネットには他にもUPされている画像はあるのですが
特に私の画像は画質を落とさず大きなサイズで
UPしているので今回のテレビにも対応できたものと思われます。


………ってな感じで昨夜はかなり悶々とした夜を過ごしました。

皆様はどう思われますか?
良かったらご意見お聞かせください。
よろしくお願いします。


なんだったらツイッター的な奴でブログのURLを拡散してもらえれば…と。
(スミマセン…私、使い方が分かりません…)

ちなみにうちのレコーダー調子が悪くて
今、一時記憶的(1週間程度)に番組が保存されているのですが
データが壊れている為か、保存ができませんでした…
非常に悲しい…
この記事を見ている方で奇跡的に番組を保存している方、
是非保管をよろしくお願いします。


以下、番組で使用された画像です。
よろしければ比較して見てください。
色調なんかは多少補正してるみたいです。
逆光のやつとか。
1616
6161
4343
44
2323
77
2020
7171
8181
11
2727
1313
88
92-292
9191

しばし間が空きました。

写真の無断使用のその後の経過、
というか結果を書きます。

とりあえず収束しました!!


長くなりますが、経過と心境を書きたいと思います。


まず以前の記事にコメントを下さった方の意見を
参考にして、番組HPとフジテレビHPに
メールをしました。

2日後番組プロデューサーから謝罪のメールが届きました。
何やら調査の為1日空いてしまったとのこと。
1日空いてしまったことも含め、今回の件について
信じられない位の、謝りっぷりのメールでした。
事前にネットで調べた感じでは、この手のテレビ側の
無断使用の場合、こちらが抗議してもスルーされるケースが
多いとの情報もあり、正直返ってこないと思っていたので、意外でした。

内容としては、制作側ときぬたさんとの間で許諾に関して
相違があり、結果的にこちらに連絡がいかなかったこと。
そしてどうしても直接謝罪にいきたいとのこと。

さらにその文面の中に、きぬたさんからもメールがあるから
対応お願いしますとのこと。
まさかそんな…と思っていると本当に同日に
きぬたさんからメールが届きました。

…2回程メールをしました。
こちらとしては、そもそもこの一件できぬたさんに
話が行ってしまっている時点で心苦しかったのですが、
きぬたさんからのメールは、

ブログの許諾に関しては、制作側がしてくれるものとは思っていたが
お互いの相違があり、結果的に連絡が行かなかったこと。
さらには、ブログの紹介をしたのは自分であり、その情報を元に、
制作側が私のブログを見つけたので、自分にも非があるとのこと。


…いやいや…どう考えてもきぬたさんに非はありません…


さらに、ものすごいお心遣いを感じたことが…

DSCF1308

このシーン。
放送ではカットされていますが、きぬたさんのメールによると、

「きぬ旅というブログを不定期
に書いてる人がいて、
その方が残念がるから具体的な数字は言えません」
(↑本人のメールから抜粋)

と、このシーンの少し前におっしゃって下さったみたいです。

なので、本当は正確な数を把握しているのに、あえて曖昧な
答えをしているのです!!

このブログの為に!!!

…本当に嬉しかったです。

このブログさえなければ
「現在〇〇〇個です!」
と、言えてたでしょうに、こんな小さなブログのことを
配慮して具体的な看板数を言わないでくれたのです!
全国放送ですよ!名を売る絶好の機会ですよ!
咄嗟にこんな気遣い、なかなかできるものではありません。



最後にテレビ放送もこのブログも当院のありがたい宣伝に
なっていると思っているので、是非とも穏便に解決してほしいとのこと。

…これはもうきぬた歯科公認ブログを名乗ってもいいですかね…?



と、こんな感じできぬたさんとのやりとりがあり
その後、当事者の番組Pに会う意思があるということで
日にちをメールしました。

間もなく返信。
メールには「何時でも、どちらにでもお伺いさせて頂きますので」
とあり、さらにはお店が良ければどんなとこでも
こちらで予約させて頂きますので、とのこと。

旨いものを食うチャンス…だが
正直このことでわざわざ出かけてまで
食いたいとも思えず、結局、我が家に来てもらうことにしました。


後日、指定時間ピッタリにテレビの人が来る。
二人きました。A氏とB氏とします。
A氏=メールのやりとりをしたフジ在籍の番組P=多分この人が上司
B氏=制作の人

ここでのっけから夫婦そろってビックリして
軽いパニック状態になる…

A氏の方はメール同様、
「すみません、すみません、失礼いたします」
と上がってきたのだが…

B氏
「こんちわ!!」

…と笑顔で入ってくる。


…確かこの人たち謝罪に来てんだよな…

と、思うもののいきなり笑顔で、こんちわ!!って言われると
ついついこちらも
「こ、こんちわ…」
と、返してしまう。

この時は嫁と何度も顔を見合わせました。


んで、謝罪タイムへ。
こうなった経緯や、何故きぬたさんに話が及んでいるのか
その他、まあ聞きたいことは聞きました。

ほぼメールに書いてあったことと一緒でしたが
ちょっと「へ~」と思ったことは…


・謝罪の条件として例の記事を削除、ないし訂正を
 要求してくるのかと思っていたら、
 「それに関しては、出演者のイメージ等の問題もあるので
 こちらとしては、訂正ないし補足はして欲しいが、
 こちらに非があるし、そもそも個人のブログなので
 そういったことは言えない、そのままで大丈夫」とのこと。
 これは割と意外でしたし、誠意がある対応と言っていいと思います。

・どうやら私が思っていた以上にあの手のバラエティは
 アポなしガチ取材の上、ギリギリの時間で制作しているという話。
 なので、放送通り、きぬたさんのとこにアポなしで行ったのも
 ガチらしいし、その後の編集も何だったら放送当日まで
 やっているとのこと。
 なので、きぬたさんは本当にアポなしで突然来訪されて
 当ブログについても本当にカメラが回っている中で
 初めて発言されたということになります。
 私はあの手のバラエティは放送1か月前くらいには
 編集も含めできているものと思っていたので
 放送当日まで編集しているというのは驚きでした。
 それを聞くと3日前にUPした画像が放映されていた
 ことも納得できます。
 
・著作権に関して報道番組だとゆるいみたいだが
 バラエティに関しては、かなり厳しいとのこと。
 嫁は何となく知っていたみたいですが、ニュース等、報道番組では
 頻繁にネットからの無断使用はあるらしく、且つ
 法的にもさほど問題にならないようです。
 ただし、バラエティに関してはかなり厳しいらしく
 当人達もおっしゃってました。
 特に今回の件は、使用した写真の数が半端じゃない上、
 かなりこちらの労力もかかっているので、なおさらのようです。
 だからこそ、ここまで低姿勢だったのかも知れません。
 (B氏はよく分かりませんが…)
 ちなみに知人で制作をやっている人に、このことを話したら
 「これは相当やばいね」
 と言っていました。

・そうだろうなと思っていたが、実際に裁判を起こしたら
 こちらが勝つことはできるみたいだが、勝ち取れる賠償金より
 裁判費用の方が上回ってしまうということ。
 要はどう転んでも、こちらが得することはなく
 泣き寝入りが必至のようです。
 やはりそうみたいで、だからTV側は強気に出てくることも
 あるかと少々懸念していました。
 実際は平謝りでしたが、多分、こちらが「裁判をする!」と言ったら
 「構いません」といった返答が来たと思います。
 まあ、よく考えれば 喧嘩しても一文の得にもならないし、
 下手に裁判起こされて話題になっても向こうも困るし、
 謝って済むならそれで終わりだし、
 ってことで当然この対応になるか、と思います。

 …ただこちらがそのこと(勝訴しても儲からないこと)
 について質問した時、B氏に笑顔で
 「まあ、そうですね!」
 と、即答された時は多少イラッとしました。
 


…とまあ、こんな感じで色々話して終了となりました。



全体を通して、終始A氏は平謝りでした。
対照的にB氏は、もちろん謝罪はするのですが、基本笑顔で、
「そ~なんですよ~」みたいなノリでした。

謝られている時は、この二人のギャップに
とまどって軽いパニック状態でしたが、
二人が帰ってからだんだん冷静になって、
「あのギャップもこちらを戸惑わせる作戦なのか!?」
「そもそもB氏は必要だったのか?」
「てか、謝罪に来て、こんちわ!!って何?」
と、新たな違和感は残りました。


また、ドラマとかで謝罪のシーンはよく見かけますが
本当に(A氏は)そんな感じでした。
現実に、そんな感じで謝罪される側になることがあるなんて
全く想像していなかったですが、いざされると
「あ~、そうですか」
以外、言いようがなかったです。
まあ元々怒っていたというわけではない、というとこもありますが…

世の中はそのように回っているってことですね。
社会では色々な失敗、失態があるでしょうが
その時はやはり平謝りが基本!
何故なら平謝りされても、さらに怒り続けるというのは
された側もかなり精神力がいるからです。
ってことを痛感しました。

…ただ、A氏は番組Pという立場上、そんなことは
百戦錬磨で、仕事の一部であることは容易に想像できます。
なので、うちを出た後
「終わった、終わった」
ってなっているのは想像にたやすく、
こっちが折れるしかないということは
分かっていたうえで、謝罪に来たんだろうなあ
って考えるとちょっと…ね。
何か結局相手の手の平の上で転がってる感が否めません。
(こちらの勝手な想像ですが)



ぐちゃぐちゃ書きましたが、要は

謝罪した方がスッキリして
されたほうがスッキリしない
って何だろな~

恐るべし「謝罪という免罪符!!」

ってことです。


…まあ、どうあれ、こちらが謝罪を受け入れたので
この件はこれで終了です。
総合的に見て、誠意ある対応だったと思います。
ってか、そう言わざるを得ません。


…ただ、手土産でもらった菓子折りはめちゃくちゃ旨かったです。
残念ながら菓子の底に小判は入っていませんでしたが。
この一件で唯一得たものはこれです。
あ、それときぬた院長の神対応。
あれは本当に嬉しかったです。
この場を借りて御礼申し上げます。
きぬた院長、ありがとうございました!
あと、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。



最後にこのブログを見て下さっている方々、
いろいろご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
またコメントを下さった方、ありがとうございました。
大変参考になりました。
これからも頑張るのでまた覗いて下されば幸いです。



↑このページのトップヘ