ようやく更新。
もう少し早くしたいんですけどね…
すみません。


今回は、ついこないだ車にて見つけてしまった川崎街道のやつ2つと
調布インター付近にあったやつをノルマに出発。
聖蹟桜ヶ丘あたりに車を止めるべく14:30頃家を出発。(かなり遅い)

道中、北野街道にて大渋滞を喰らう。
進み方の具合と対向車線の車の感じからして
「これは片交(片側交互通行)だな」
と思っていたら案の定やってました。
思わぬとこで渋滞があると原因をやたら考えてしまうのは
元配送業の性です。


というわけで予定より30分も遅れて聖蹟桜ヶ丘付近の駐車場に到着。
すでに16:00ちょっと前、日が傾いている。
って感じでようやくスタート。
…で分かってたことだがいきなりきつい山越えから始まる。
この川崎街道の多摩市と稲城市の間には、こんもりとそこだけ山がある。
そこさえ避ければなんてことないんだが道を埋めるためにはしょうがない。

何とか越えて稲城市へ
んで、一つ目↓
83
83きぬた

新大丸交差点にて。
ちなみに右上にある「18歳未満立入禁止」の看板は
ストリートビューではボカシがかかってました。
細かいとこまでよくやるなあと思いました。


んでそこから400m位の大丸交差点のちょっと先あたりに↓
84
84きぬた

あります。

距離がやたら近いですが多分これは旅4で出てきた
22きぬたと24きぬたの感じと一緒だと推測しています。
すなわち……

道路変位


こんな感じで、元々の主要な道があってそこに狙いをつけて
看板を設置していたのだが、新しく道ができて主要の道路が切り替わった為
さらにそこに設置したというパターン。

旅4の場合は尾根幹線と町田街道という主要道路の合流点で
まさしく上図の感じでした。
んで今回のパターンは川崎街道と府中街道。もちろんどちらも主要道路。
手持ちの2010年度版の地図を見るとやはり思った通り
83きぬたの位置には道はありませんでした。

従って84が古い方で83が新しいものということになります。
単なる憶測ですが…


ここも旅4の箇所も旧道の時は、合流点になる交差点が
交通量に対して小さすぎることは明白で
ラッシュ時に渋滞が起きていたことは容易に想像できます。
渋滞が起きる=看板が目に入るということです。
さすがの設置箇所だと思います。

さらにそれを解消するためにできた新道にも
すかさず設置する迅速さもすごい…

ただ私が言いたいのはそれで一気に交通量の減った
旧道の看板を撤去しない

「きぬた先生の男気!!」

これにつきます。

一度設置した看板は二度と外さない、という強い意志を感じます。
それが非効率と分かっていたとしても…
まあそもそも費用対効果なんてものは看板の数を見れば
全く問題にしていないことは一目瞭然ですが…



て感じでさらに川崎街道を東進。
多分だけど矢野口(鶴川街道との交差点)から府中街道になる。

結構走ったが記憶通り無く、世田谷通り(津久井道)にぶつかる。
この時点で完全に日は沈んでいる。
ただノルマとして調布インターのやつがあるので
何とか看板がありそうな道でさらに甲州街道に行ける道として
世田谷通りを左折、さらに東進。
多摩川も越えてすでに狛江市内。
ほんとはこんなとこまで行くつもりはなかったが
「もしかしたらあるかも」という道で行くと必然的にこうなってしまった。
「なんかすげえとこまで来てんなあ」としみじみ思う。
何しろあとちょこっと走れば世田谷だしね。

狛江三叉路を左折し狛江通りへ、調布を目指し走る。
まあさすがに無いだろうと思っていたがやはり無し。


国領駅付近、さすがに帰りが遅くなりそうなので
ここいらで晩飯を食うことに。
車がなければ一献といくとこですが、そうはいかずラーメン屋をさがす。
外観がいい感じで人もちょこちょこ入っている店があったのでそこに決定。

ええ、大失敗でした。
私はいつも店の選択を間違えます。
そもそも外から見たときに、しょうゆ、みそ、塩があったので
やや不安でしたが、注文した時に
「ニンニク入れますか?」
と言われ「これはやっちまった」と気づきました。
(別に私は次郎も次郎インスパイア系も嫌いではありません)
ラーメン好きの方ならこの時点でやばさに気付くかと思いますが
スープの味が複数あってニンニク入れますか?って店はありません。
完全に「やっときゃいい感」が満載です。

その他突っ込みどころは多々ありましたが
本当に罵詈雑言になってしまうのでこの場では控えさせて頂きます。
まあ自分が悪かったってことで…


ってわけでようやく甲州街道に到着、ひたすら西進。
途中調布駅に立ち寄るものの無し。
鶴川街道を過ぎてちょっと行ったとこにノルマの一枚↓

85
85きぬた


これはずいぶん前に
「うわ、こんなとこにまで!」
と思っていたやつです。
何故なら配送の時(2013年頃)しょっちゅう通っていて
間違いなくここには無かったからです。

んで今年の夏(すでにブログは始めている)くらいに
とある理由で車でここを通った際に発見。
今まで知ってた最東端は府中だったので
この浸食スピードと、「もはや多摩地区だけでは収まらねえ」
という恐怖感、さらには「絶対俺が見つけるスピードより生まれるスピードの方が早え」
といった恐怖感など様々湧きあがりました。
そんな一枚がこいつです。

そしてその悪い予感はすぐ実現して今は首都高沿いにもあります。
あれ下から撮るの無理なんだよな~
う~ん、つらい。


というわけでさらに甲州街道を西進。
ここは記憶通り無く、以前の旅で埋めた東府中に合流、
さらに走り府中街道との交差点に到着。


この時点で20:00ちょっと前。
…とにかく疲れた。
ここでしばし帰り方について悩む。

…というのもここから少しでも埋めるならここを左折して
府中街道→川崎街道から帰るということになるのだが
その場合、最初にやった山越えをすることが必須になる。

だが、もうちょっと先まで走って都道18号線を左折→関戸橋コースなら
難なく山越えを回避することができる。
しかしその道はすでに埋めている。


しばらく悩んだ結果、やはり疲れより貧乏性が勝り
府中街道コースへ。
ちょこっと走ったところで
「道埋める為じゃなくて看板探してんだった、油断しちゃいかん!」
と思い振り返ると、遠く暗闇の中に何か訴えかけてくるやつがいる。
夜なのでこの位置からははっきり分からない。
「まさかな…」と思いつつ戻ってみると…↓

86
86きぬた



「危ねええええ!!」

まさかこんなとこに罠が潜んでるなんて!
久々のもろ「主要交差点外し」
しかも見落としやすいビル直付け。
だいたいこんな感じ↓

府中街道交差点


甲州街道と府中街道に面しているビルの裏側部分ですよ!
普通に考えたらその交差点で無けりゃあ無いと思いますよ。
ましてその交差点に面しているビルの裏側なんて…

…本っ当に油断ならん。

ただこいつは府中街道を北上してくる車専用の看板で
要はそこで渋滞すればその車からはしっかり見えるわけで
あながちこの設置個所がおかしいとも言い切れないとこもある。
ん~むずい。


ちなみにここで写真を撮っている時ようやく職質にあいました。
先に言っておきますが私、職質喰らうの大好きです。
思えば中野に住んでいるときはしょっちゅう喰らいました。
嫁を迎えにチャリで駅前に行って、案の定職質されているときに
嫁が改札から出てきたときは二人そろって大爆笑でした。
その他も車の中を調べられたり、飲酒検問にあたると
なんか「やった~」って感じになります。
自分に後ろめたいことが無い時に警察に声をかけられると
「ど~ぞど~ぞ」
となんか妙に気が大きくなってしまうのがちょっと楽しいんです。

なのでこの旅を始めるにあたって1旅1職質は覚悟(期待)していました。
何しろ見た目と動きが怪しすぎるから。
今まで無かったのが不思議なくらいです。
なんだったら「あのパトカー、声かけてくれんかな」と思ってたくらいです。

この時は夜なので手ぶれを抑えるため、ガードレールの支柱に
カメラを固定して膝をついて一点を撮り続けていたのでさすがに
警官も声をかけざるを得なかったのでしょう。
そのときのやり取り…

警官「すみませ~ん、ちょっといいですか?」

俺「はい」

警官「えっと…なにをしてらっしゃるんですか?」

俺「あれを撮ってるんです」

警官「は?」

俺「えっと…あのきぬた歯科の看板です」

警官「え…?ああ、お仕事か何かで?」

俺「いえ、趣味というか、集めてるんです…ブログやってるんで…
  きぬた歯科で検索していただければ出ますよ」

警官、失笑しつつ言葉を失う。
ちょっとして「一応自転車の防犯登録だけ確認していいですか?」

俺「ああ、勝手にやって下さい、私写真撮ってるんで…名前は〇〇です」


警官も声をかけた以上は何かしなければいけない。
私も私でひたすら写真を撮り続ける。
防犯登録を確認されつつ、こちらはきぬたをひたすら撮っているという
カオスな状況がしばし続き、お互い同時に仕事終了。

最後に警官はニヤけた顔で「頑張って下さい」と言い、去っていきました。
よほど私が滑稽だったのでしょう。

やっぱ職質は楽しいなあ。またお願いします。
ただ警察の皆さん、私に声かけてもポイントになりませんよ~



気をとりなおして府中街道を南下。
しかしちょこっと走ったくらいで暗闇にまたなんか浮かび上がる↓
87
87きぬた

…距離が近い…
何故こんな1km程度でもう一個設置しようと思うんだ。
相変わらず全く配置が読めない。
いや、たぶんこっちがこの道の古株でさっきのやつが
直付けなので後から設置した奴と思われる。
完全に憶測だが…

なんにしてもさっきのやつを見つけたことで結局油断していた。
油断しちゃダメと思っていたのに…


さらに南下、その後は無く川崎街道に合流。
覚悟していた山越えに挑む。
帰りは行きと違いまあまあの坂が長く続く。
こんな感じ↓
川崎街道山図

これが妙につらい。
チャリを押して歩くほどではない勾配だが
かといって普通に走るときつい程度の勾配。
チャリから降りると余計つらそうなので立ったり座ったりしながら
無心で進み続ける。


何とか峠越え、無事に車へ到着。ぴったり21:00。


今回は最後の貧乏性が吉と出て
職質含め予想より収穫があって良かったです。

あと見て分かる通り今回の看板は全部ピンク看板です。
地図のページを見ていただくとなんとなくピンク看板が
東側に多いのが分かると思います。
以前私の見解でピンク看板の方が新しいと推察しましたが
これはきぬた看板が地元から徐々に東へ勢力を拡大して
いるということではないかと思っています。

上記した旧道、新道のことも含め
看板一つで色々考えさせられるなあ。



うむ、今回も楽しかった。


本日のルート
旅21


収穫5(合計87)