旅13の途中、あきる野市内にて
「山田うどんこちら→」
みたいな看板を見つけました。

山田うどんというと関東圏でチェーン展開している
うどん、定食のお店。

大体割と大きめの通り沿いにあって
看板がグルグル回っているという印象しかありません。

外観はこんな感じ↓
yamadaromen

まさしく国道沿いとかにありそうなチェーン店といった感じです。
ちょくちょく見かけますが、この外観と
こんな感じの立地しかみたことありません。


なので、そもそも通り沿いに店が無く
看板で誘導しているというのが不思議で
裏に入ってみると…

yamada3

yamada2

yamada1

…こんなんがありました。
路地裏にして民家一体型。
山田うどんの屋号を抜けば、まさしく町の定食屋。
しかしあのかかしのマークは山田うどんそのもの。
ノボリとかあるし、きっとメニューは一緒なのでしょう。

結構ビックリしました。
通り沿いのいかにもチェーン店みたいなのしか
知らなかったので、こういうのを見ると
「ああ、こんな感じからだんだん大きくなってたんだなあ」
と、感慨深くなってしまいました。
(別にここが本当に古いかどうか知りませんが)

そしてそんな店が今も元気に営業しているのが
なんだか微笑ましかったりも。

ただ山田うどんと言えば元々埼玉なので
何でここなんだという疑念はいまだに晴れません。



ちなみにですが数年前、北尾トロという人が
山田うどんが好き過ぎて山田うどんの本を出したことがあります。
タイトルは「愛の山田うどん ---廻ってくれ、俺の頭上で!!」です。
当然この廻ってくれ、は山田うどんのシンボル、回転看板のことです。
(当たり前ですが、写真の店にはありません)
で、その際本人がラジオで言っていた話。

「回転看板は山田うどんの社長がアメリカに行ったときに
見て感動して、どこよりも早く日本で採用した。
すなわち回転看板の元祖」

「店の理念はカロリーのK点越え」

「その本はお店で売っているのだが、注文する際
○○うどんと”山田本”と言うと本当にうどんと本がテーブルに来る」
(今は無いと思いますが…行かないので分かりません)

といった話。
なかなかインパクトがあって面白かったので
いまだに覚えています。


ちなみに分かる人はすぐ分かると思いますが
このラジオはNACK5です。
埼玉のラジオ局ながら聴取率は関東ナンバー1!
こじゃれた外人DJも無く、ゆるい感じの番組内容、やりとり、選曲
そして、私には全く必要のない埼玉の交通情報。
仕事との相性ばっちりです。
配送の仕事をしている時は私もかなりお世話になりました。