きぬ旅

多摩地区に住んでいる人なら一度は見かけたと思う”きぬた歯科”の看板… これを網羅すべく自転車で旅する男のブログです。

いや~びっくりしました。
昨日、何気なくテレビを見てたら
おじゃマップ(ざきやまと香取慎吾が何か歩いてる番組)で、
何と、きぬた看板の特集がやってる!

「いや~すげえな、きぬたさん」

と思いながら見ていると、
何か所々で出てくる看板の写真に妙な違和感を覚える。
というより既視感。


「………てか、俺が撮った写真じゃん!!」


慌ててテレビで出た写真と自分の写真をPCにて比較する。

…結果…


全部このブログからの無断使用でした。
かなり長くなりますがここから画像も踏まえて掲載させていただきます。
DSCF1288

こんな感じで始まり…
DSCF1289

いきなり下に出てきた奴、16きぬたです。

このテレビが使った元の写真は記事の最後に
全部画像を貼るので比較して見て下さい。


んで次には
DSCF1290

…61きぬたです…
…県外ぢゃねえ………
その看板は東京都あきる野市だ……
いきなりガセながすんじゃねえ……


その後一瞬流れた動画の映像
DSCF1296
こいつは間違いなく制作の人が撮ってます。
んで…

DSCF1299

こんな感じで進み…(ヒロミの右がきぬたさん)



次に流れた多数の看板が……
DSCF1300

はい!
左上から横に見ていくと43、4、23、7、20、71きぬたです!!


続いて流れた映像
DSCF1302

81、1、27、61、16、13きぬたです!!!!
もちろん27きぬたの14:31を見た瞬間に違和感から
だいぶ確証になりました。
あと13きぬたのピンボケ具合ね。


んで…
DSCF1304

…こんな感じで本題を突き止めるため
きぬたさんの事務所にてトークシーンへ。


んでその会話の中…
DSCF1305

8、27、92、91きぬたです……
…まず第一に8きぬたは八王子駅前ぢゃなくて御殿山だ………
山の中腹だよ…
無断使用するにしてもせめてちゃんとした情報を流してくれ…
テレビなんだから………

んで92と91。
これにはビックリ!!
つい3日前に公開したばかりの奴ですよ!
(記事の日付は2月12日になっていますが、実際にUPしたのは14日です)

んでこんな感じで会話は進み…
DSCF1307

DSCF1308

DSCF1310

DSCF1311

DSCF1312

まあ知りたかったとこを話しつつ、とどめに92きぬた再登場。

その後きぬた家に行ったりして終わるのですが…


全く頭に入ってこなかったです!!


何しろ動揺してて…

冷静になるのにかなり時間がかかりました…
何かしばらく手も震えていました…


…どなたか詳しい方、教えてください…
こういうのって事前に連絡したりしないものでしょうか?

怒っているというより何か気持ち悪いのです。

確かに私の記事には
「無断転載禁止」
等の文言は記載していません。

しかし常識として連絡くらいしてくるものと思っていました。

特にこれは大手のテレビです。
一個人が私的なブログに転載したとかではありません。
さらに言うと商用目的の映像でもあります。

よく「テレビの違法アップロードは犯罪です」
みたいな警告が流れてますよね。
そんなことを考えるとますます違和感が沸いてくるのです。


さらに気持ち悪かったところは
「番組が調べたところによると…」
というナレーション。

…確かにインターネットで調べてはいる…
でも実際に汗を流して写真を収集したのは自分だ…
1年以上かけてコツコツとチャリ旅で集めた写真。
実際この画像を使うことで取材費はだいぶ抑えられたのではないか。
使わなければ自分たちで撮りにいかなきゃいけなかった訳だし。
ってなると「俺、制作に協力してないか?」
みたいな気持ち悪さが…

ネットには他にもUPされている画像はあるのですが
特に私の画像は画質を落とさず大きなサイズで
UPしているので今回のテレビにも対応できたものと思われます。


………ってな感じで昨夜はかなり悶々とした夜を過ごしました。

皆様はどう思われますか?
良かったらご意見お聞かせください。
よろしくお願いします。


なんだったらツイッター的な奴でブログのURLを拡散してもらえれば…と。
(スミマセン…私、使い方が分かりません…)

ちなみにうちのレコーダー調子が悪くて
今、一時記憶的(1週間程度)に番組が保存されているのですが
データが壊れている為か、保存ができませんでした…
非常に悲しい…
この記事を見ている方で奇跡的に番組を保存している方、
是非保管をよろしくお願いします。


以下、番組で使用された画像です。
よろしければ比較して見てください。
色調なんかは多少補正してるみたいです。
逆光のやつとか。
1616
6161
4343
44
2323
77
2020
7171
8181
11
2727
1313
88
92-292
9191

久々の更新。
覗いてくださっている方々、申し訳ない。
ま~最近は旅先が遠方になってきてなかなか…ね


というわけで今回は遠い旅先の中でも最大のネック
「首都高看板」
を抑えに行きます。
これの何が私の尻を重くさせているのかというと
・駐車場は有料確定
 =ここら辺で停められるユルいショッピングモールは絶対ない
・ただただ遠い
 =始めた頃は多摩地区で済むと思ってたんだがなあ…
・真上に首都高があるため視認がかなり厳しい
 =何しろ首都高の車が目当てですからね、下からは厳しそうですよ

…この中でも3つ目は特に私を苦しめることになる…


まあこんな理由もあって今回は事前に
嫁がカーナビに登録していた箇所を地図に
メモして出発することに。
合計3つあるのだがカーナビ登録を見る限り
何か看板の間隔が近いな、と違和感を感じつつ出発。


以前の旅の最東地点、調布駅近くにて
コインパーキングを探す。
幸い1日900円と、思ったよりは安価な駐車場があったので
そこへ駐車していよいよ15:20出発。
でもやっぱ旅に金かけるのは嫌だね~

ちなみに今回は3枚の首都高看板以外は
絶対にないはずの上、出発時間が遅いこともあり
甲州街道を行って戻るという超シンプルルートの予定。


ひたすら甲州街道を東へ走る。
4~5km走ったが、やはり予想通り無し。

そのまま1個目の場所へ到着、
首都高と甲州街道の合流点、上北沢駅付近にて↓

91
91きぬた


予定通りゲット。
…ですが見ての通り真ん中に首都高が鎮座していて
反対のビルは一切分からず、写真も撮りづらく
この先が思いやられます。

ちなみに反対側からとった写真がこちら↓

BlogPaint


ええ、全く見えません。歩道橋から撮ってるんですが…
なのでここから先は常に、

見づらい

こんな感じで反対側のビルは見えないし、
自分側のビルも真横にあるので屋上看板は
油断すると見落としやすく、かなりの注意が必要になってきます。
特に裏側を確認するのがつらい。
実際、要所要所で歩道橋に上って確認するなど
普段の旅ではあり得ない神経の使い方をしました。


さらに先へ。
事前のリサーチではそろそろ2個目があるはずなのにな~
と思いながら走っていると何故か3個目のはずの
永福インターに着いてしまった↓

92-2
92きぬた


「おかしいな、反対車線にも注意しながら進んでたのにな、
見落としたかな」
と思いながら改めて地図にメモした地点を確認して戻ってみる。



……が、無い!!


嫁のカーナビ登録地点がガセだったことが発覚!
出発前に感じた違和感はこれでした!!


こーなるとやばい。
まずここから先にあるのか、1つ目より手前の
甲州街道から外れた高速沿いにあるのか分からない。

…でテンパった俺はさらにミスを犯す。
淡い記憶では、高井戸、幡ヶ谷、永福の辺りにあったはず
というところから推理したのだが
テンパり&東京が久々なのも手伝って
幡ヶ谷と永福の位置関係を間違ってしまい
こんな感じの間違いを脳内で犯す

syutokou2

冷静に地図を見ればなんてことは無かったのだが
日暮れが迫っている焦りもあり、テンパったままとにかく西へ。

当然なく首都高沿いの環八に到着。
先を見てもどーもありそうにない。
困り果てて嫁に電話するも繋がらない。
…とりあえず一服…

ここいらでようやく気付く。
「幡ヶ谷ってあんなとこにあったっけ?」…と。


ここで位置関係を大間違いしたことには気づき
とりあえず引き返す。
何故とりあえずかというと、そもそも幡ヶ谷にある
確証もないからだ。


「あの環八の先にあったらどうしよう」
という不安を抱えながらひたすら走る。
私はガラケー(notパケ放題)なのでネットで調べることもできない。
スマホ担当の嫁にも相変わらず連絡がつかない。

そのまま笹塚も通り過ぎて幡ヶ谷インターへ到着。
しかし見当たらない。
…ここでようやく嫁と連絡がとれた。
事情を説明して調べてもらうと、どうやら反対車線に
ありそうとのこと。

で、反対車線へ行って少々戻ったとこにて↓

93
93きぬた

ようやく撮れました。
予定よりかなり遅れてすっかり夜。

ちなみにこの写真はエントランスの無い
侵入可能の昔ながらのマンションの最上階から撮った一枚。
このポイントはここ以外撮影ポイントがありませんでした。
本当は他の2箇所もそーいったマンションからじゃないと
撮れないのではないのかと危惧していましたが
幸い他の2つは地上から撮れました。

ただ今回久々に都会に行って思ったけど
もうかなりの数のマンションは入口にオートロックが
ついてるやつばっかなのね。
10年くらい前に都心に撮影取材に行ったときは
いっぱい入れるマンションがあって良かったんだがなあ。
まあ時代を考えれば当たり前のことなんだろうけど…
風景写真を撮る人なんかは結構嘆いてるんじゃないかなあと思う。
(本気の奴は宅配便にまぎれて入るとかしてんだろうな…)


そんな感じでようやくノルマ達成!!
クソ腹が減ったので近くにあった濃厚ミソラーメン屋へ。
確かに濃厚だが何か色々やりすぎてて返って印象薄し。


ひたすら車へ向かって走る。
…ただ帰るだけの10kmは長い。

ようやく駐車場へ到着。
時刻は19:50。
もっと早く終わるはずだったのに4:30かかってしまった。

まあガセネタがあったり、凡ミスがあったり
視界不良だったり、色々あったからしゃーねーか。
…都会は怖いぜ!!

ちなみに嫁のカーナビのガセネタはちょっと手元が狂って
登録してしまったやつがそのまま残ってただけとのこと。
…安易に情報を鵜呑みにしたら危ないぜ!!



本日のルート
旅23ルート

収穫3(合計93)

大人になって行動範囲が広がると
漫画やテレビなどで見るロケーションに

「あ、あそこじゃん!」

ということが多くなりますね。


そんな中で、ウシジマくん20巻にて
どうやら背景にミスがあったようなので
こちらで訂正しておきました。


usizimahamekomikansei


usizimahamekomikansei2
なじませバージョン


嘘だと思う方は旅6をご覧ください。

(もちろんこの漫画が出た以降に設置されただけだと思います)

今回はノルマの一個以外は全く期待できない旅。
こいつはまたまた嫁と車で走っていた際に偶然見つけてしまった奴。
しかも往復でガチの峠越え必須。

しかし一個あると分かっている以上、行かざるを得ない。


…というわけで武蔵五日市駅横の駐車場に車を止める。
その駐車場からの景色がこちら↓

武蔵五日市


この山の中にぶっこんで行きます。
…先が思いやられるぜ…


ってわけで旅スタート、ひたすら秋川街道を北上。
かやくぼ交差点にていきなりノルマの一枚↓

90
90きぬた

…そーなんです。
今回はいきなりノルマが終わって、そのあとは見込みなし旅なんです。
ルート的に無いと分かってても行かざるを得ないんです。
何しろ確か無かったはずの道ばかり行く予定ですから。
しかしこいつだけ撮って終わりってわけにはいかない。
だがそーなると峠越えしかないって感じです。


というわけでそのまま直進、「坂本」T字路にて
直進するか左折するかしばし迷う。
まあどっちに行っても青梅だし
どっちに行っても間違いなく無いし
どうせ行き帰りで両方通るし
迷う必要はないのだが…
ただどっちから行ったらモチベーションが上がるか
ってだけの悩み。

結局一度も通ったことのない左折ルートを選択。
ただ一度も通ったことが無い道とはいえ
さすがにこの道には無いという自信がある。
だってどう考えてもただの山道なんですもの。

というわけで都道251号線へ。
途中当たり前のようにこんな屋敷が↓
檜皮葺き

えっと…檜皮葺きだっけ?
結構レアものだと思います。
違ってたらごめんなさい。


さらに進む。
予定通りガチ山道に突入↓
旅22道中


写真じゃなかなか伝わらないけど
結構きついんですよ、これ。
この手の道ってつい曲がった先に峠があると
淡い期待をしてしまうんです。
んで、そんなことは全くなく新たな坂道が姿を現すという繰り返し。
登山あるあるです。(ワンゲル部出身)

…ただこの険しい道中、一輪の花を発見↓
お宝


ええ、ガードレールを超えてブツを確認しにいきました。
分かっていましたが中身は全部から。
中身は即座にコンパクトなケースに移し替えられたものと思われます。

しかし時代がいくら進んでも、こういったとこに
こういったものを捨てるという文化は無くならないのですね。
懐かしいなあ、竹林に捨てられていたパリパリのあのデラ〇ッピン…

ノスタルジックついでにちょっと思うことを一つ。
なんで昔好きだったAV女優の話になるとみんな自然に(私も含め)
「お世話になったな~」
…という言い方をするのか。
みんな誰からもそんな慣習は教わっていない。

答えは簡単です。
若き頃本当にお世話になったからです。
年を喰った今、あの頃体を張って
我々の青春時代を支えてくれた女優さんに対して
自然と「ありがとう」と思ってしまうのです。

いや、これいい話書いてんですよ。たぶん。



…はい、次行きます。
ようやく峠を越え青梅市に突入。
吉野街道との合流点「梅ケ谷峠入口」T字路へ到着。

ここで奥多摩方面まで攻めちゃうかと欲がでましたが
ここで確か13:00くらい。
ちょっと予定より遅いし、想像以上の峠でやられている。

悩んだ結果、以前までの旅で埋めた「友田交差点」まで
行って、そこから青梅市内を潰すことにしました。
冒頭にも書きましたが、所詮どこに向かっても
厳しいのは変わらないので、悩むまでもないのですが。


んなわけでT字路を右折、ひたすら吉野街道を東進。
案の定なく、友田交差点につき左折。
一路、青梅市内へ。

このようなルートにしたのは訳があります。
それは旅14で見つけた64きぬたです。
64

こいつが自分の中でかなり想定外で
ちょっとここら辺の「どこにあるか分からん」という
疑心暗鬼を生み出していまして
それを晴らすべくそこら辺をネチネチと埋めないと
気が済まん!…とこーいった理由です。


と言ったわけで青梅新町交差点からグチャグチャと街中を探索。
ここで相当時間を使いました。

……もちろんありませんでした。

んで再び青梅新町交差点へ。
もうかなりの夕暮れ。
ここで最後の望みをかけて少し北にある豊岡街道を
目指して北上し、藤橋久保T字路へ到着。

地図上、ここからちょっと東に行った「今井馬場崎」と
いう交差点がまだ埋めていない主要道路とのポイント
だったのでそこまでは埋めるべく右折。
んで、いざその交差点に着いたとき心がへし折れる。

「ここ、何回か通ってるとこですやん…」

…っていうのはこの交差点、今年知った
「担々麺杉山」という、夫婦でどはまりしている店から
入間アウトレットに抜ける道の途中にあって
今年だけで2~3回通った記憶がガッツリあるんです。

…で、何でこの交差点ですぐ気づいたかというと
この先の道が…

THE 狭山茶畑!!

って感じだからです。皆様一度通って見て下さい。
間違いなく一度見たら忘れられない風景になるはずです。
んでその入口の交差点もセットで覚えていたと…


ちなみにうちの嫁、茶畑にある扇風機の意味を全く知りませんでした。
私は静岡県に住んでいたこともあって常識と思っていたのですが
あれは茶葉を霜から守るためです。
冬場、茶葉に霜が降りると凍結して新芽が死んでしまうからですね。



はい、また脱線してしまいました。
…上記の通り淡い期待を抱いていた道も
全く無いことが確定した上に、その後通る道も
一度車で走ったことがあるのでこの段階で完全に消化試合。
しかしゴールは遠い。

ひたすら豊岡街道を西進
秋川街道へぶつかり、分かっていた最後の山越えへ。
すでに暗闇。


ここからが

「史上最強の地獄!!」

でした。


この青梅からあきる野に向かう秋川街道、
昼間もわりと交通量があるので自転車は危ないのですが
退社時刻はしゃれにならない!

・信号がほぼないので退社時刻でも渋滞が無く
 ビュンビュン飛ばしてくる(とにかく車が多い!)
・山道なので道がうねっていて操作ミスでいつ突っ込ん
 でくるか分からない
・ダンプ系多し
・歩道無し(ってか歩行者に対する配慮は一切見受けられない)
・とにかく距離が長い!
・暗いし、寒いし、疲れて朦朧としてるし…


…ホントに死を覚悟しました。

結局この道で慎重にいったこともあり、一時間近くかかりました。
が、一人も徒歩や自転車の人と会いませんでした…(退社時刻なのに)
そりゃあそうでしょう。
死ぬリスクが高すぎます。



って感じでようやく武蔵五日市に到着。
元々ノルマの奴以外無いだろうと思っていましたが
どこかで淡い期待を抱いておりました。

…が、今は徒労に終わったことより
無事に帰れたことが喜びです。

でもまあようやく90代突入です。
夢の100個が近づいてきました。

ちなみに上記した「担々麺杉山」という店
ビックリするぐらい旨いんで興味のある方は是非行って見て下さい。


本日のルート
旅22ルート

収穫1(合計90)

え~っと…

今回のは駅構内のやつと…

「ガチ見落とし!」

です…



とりあえず駅構内のやつ。
88
88きぬた

きぬた歯科のお膝元
西八王子駅の構内。
デザインからして最古参のものだろう。

そりゃあるに決まっている。
…が、これは何か月か前に嫁に言われて初めて知った。


かなり前ですが私はアルバイトに行くときこの駅を利用していました。
その当時も間違いなくこの看板は存在していたはずですが
全く記憶にありません。
その当時でもきぬた歯科の看板は少しは気になってはいたのですが
”基本的に道路にあるもの”という固定概念+デザインの違いで
100回以上視界に入っているはずなのに
全然認識していませんでした。
人間の認識能力って曖昧だなとしみじみ思います。
…俺がひどいだけ?



んで、もう一つ
こないだ車で走っていたときサイドミラーに飛び込んできた一枚。
秋川街道、東楢原T字路からちょっと西に行った所↓

89
89きぬた

これは何と旅1で通った道です。
その時は夕暮れとはいえ、それなりに振り返って
確認していましたし、何よりここで見た記憶がない
という自信もありました。(近所ですし)

なので車で確認した際は
「うわ新設看板だ!」
とまず思いました。しかしちょっと後から
…まさか見落としの訳ないよな…
という一抹の不安がよぎってきます。


そして本日写真に収めてきたので
ストリートビューにてその真偽を確かめました。

ストリートビューの写真は撮った年月が記載されていて
且つ、以前の写真も見れます。

結果………↓
akigawa2014
ガチ見落としでした!!

この写真は2014年4月撮影とのこと。
私が旅を始めたのが2015年から。

まぎれもなく見落としです………

多少この道は知っているという慢心があったとはいえ
自分なりに注意していたつもりでした。
しかも初っ端の旅からやらかしていたとは…



ちなみにストリートビューは以前の写真が見れると
上記しましたが、それがこちら
2011年2月撮影↓
akigawa2011
無かったんですよ。
無いはずなんですよ。
勘弁して下さい。

…以上…弁解終わります…


う~む…
初めての確実な見落とし。
他にもあんのかなあ。
怖えなあ。
皆様、私の旅のなかで見落としがありましたら
ガンガン助言お願いします。
(未開拓のとこはダメよ)


緊張してやってるはずなんだがなあ…



収穫2(合計89)

↑このページのトップヘ